文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧
とうとう買ってしまいました。
原田知世 / 2000BEST

この日の記事で書いてますが、ワタシ原田知世のある曲にメロメロなんです。
"ときめきのアクシデント"という曲で、TVドラマ"ねらわれた学園"のエンディングでした。
この曲のメロディ、アレンジ、歌詞、当時小学2年でしたが、
カミナリに打たれたように大好きになり、テレビから録音して聴いていました。
その気持ちが未だ変わらず、この年になって買ってしまったわけです。

このCDは80年代中期~後半まで所属した SONY RECORDS からのリリースですが、
最初期の PONY CANYON、次の TOSHIBA EMI の音源まで収録されているのがミソ。
TOSHIBA EMI 時代の曲にまったく思い入れが無く、
(当時何故かTOSHIBAが大嫌いだったのも原因)
聴く機会がなかったので、ちょっとありがたいです。
今回、松任谷由実作曲作品である、"時をかける少女" "ダンデライオン" "守ってあげたい"
を聴いてみて、僕は松任谷由実の曲はけっこう好きってことがわかりましたね。
荒井由実時代の曲は聴けるし、好きだってことを考えると、
やっぱり松任谷になってからの、あのボーカルスタイルがダメなんだと思います。
さらに、やっぱり 来生たかお 作品がたまらなく大好きなのも再確認。
中学生の時に好きだった 南野陽子 の曲も 来生たかお作品が好きだし、
たぶん"ときめきのアクシデント"と同時期だったと思いますが、"夢の途中"も好きでした。
なんだろう。来生さんの書くメロディって、なんとも言えない切ないメロディなんです。
さらに、秋元康/後藤次利ペアの "雨のプラネタリウム" "空に抱かれながら" も、
この曲を聴いていたあの当時と変わらず、今聴いてもすっごい好き!!
オリジナルアルバムを買ってみてもいいかもしれないくらいカッコいいです。

好きな曲が限られているので、買うまでもないと思っているような、
当時大好きだったアイドルの曲も、今改めて聴いてみたら新しい発見があったりして。

さあ、明日からいよいよ新しい職場です。
不安も大きいですが、、、、、


やっぱり不安ですねぇ。

2000 BEST
原田知世 / SONY MUSIC ENTERTAINMENT
ISBN : B00005G7MZ
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-31 20:55 | CD買いました
退職&就職祝い
羅針盤 / せいか

gunさんの iPod nano 用シリコンケースを探しに行くついでに、
タイトルどおりお祝いしてくれるってことで、仕事が終わってから鳥取まで。

僕とgunさんは好きなラーメンの種類が似ているらしく、
彼がおいしいというラーメンでハズレはほとんどありません。
ってことで、鳥取の中心部からちょっと外れたところにある"ばり嗎"へ。
鳥取市内にあるラーメン屋で、また来たい!!って思える店がお互い少ない中で、
唯一何回でも行きたいと思わせるこのラーメン屋ですが、
メニューの中でまだ食べていない味を積極的に選びたくなります。
ということで、僕は"だし嗎"、gunさんは"濃塩とんこつ"をオーダー。
出てきたラーメンの上にはかつお節が踊っていて、
あ、失敗したかな?と思わせるルックスとはウラハラに、
いつもの味に加えて和風だしのうまみが上手にブレンドされてて、
これが意外に美味しくて、思わずウマイ!!なんて声が出てしまいましたw
あと、トッピングで頼んだ煮たまごですが、
スープの中にどーんと一個入っていて一瞬びっくりしますが、
食べてみると、たまごの美味しさを上手に引き出してある上品な味で二度びっくり!
煮たまごというと、たいてい黄身の部分に味しょうゆかなんかが注入してあって、
たまごの味が台無しなくらいしょうゆ辛いのがほとんどですが、
ここの煮たまごは本当に絶妙な味付けで、たまご好きにはたまらないです。
またまた「ウマイ!」と言ってしまって、カウンターの中の店員さんに笑われてしまいましたw
さらにびっくりしたのが、gunさんが頼んだ塩ラーメンがこれまた激ウマなこと。
僕は個人的に一番ウマイと思っているのが"サッポロ一番塩ラーメン"で、
今までこれに勝るラーメン屋のラーメンを食べたことがなかったのですが、
この塩ラーメンだったら食べたい!!むしろ食べさせて!!ってくらい好みの味でした。
ってか、音楽blogのはずのここに、ラーメンのことを書きたくなるくらい美味しいんです!!
もし近くにお店があって、まだ食べていない方がおられたら是非いちど。
gunさん今日はありがとー。今日はごちそうさまでした(-人-)

今日は結局朝から夕方まで新職場でおしごと。
変に緊張するし、職場のメンバーとも初顔合わせだったりで余計に疲れました。
その疲れをやさしく癒してくれる本日の一枚に羅針盤を選んでみました。
ワーナー時代で一番好きなこのアルバムですが、
終始おだやかな曲線を描くようなトーンなので、気持ちが安らぎます。
さらにこのアルバムは歌いやすいメロディでもあるので、
思わず口ずさんでみたりしながら寝っ転がってまーす。

しかーし、うっかり"のだめカンタービレ"の録画予約を忘れてしまったので、
自分に減点10000点です。おしおきだ。ワシのバカバカ orz

もし録画されているお近くの方がおられたら、貸してくださーい m(_ _)m

e0041480_034585.jpgせいか
羅針盤 / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN:B00005HIUB
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-30 23:23 | オンガク聴きました
4連休だけど休みは今日だけかも。
二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム

とりあえず31日までは旧職場に在籍ですが、リフレッシュも兼ねて有給をいただいて
新職場がスタートするまでに4連休を取りました、のですが、
結局新職場の準備やらなんやらで、純粋な休みは今日だけっぽい。
ってことで、友人を誘って 麺喰いツアー で食い倒れてきました。

氷上のセルフうどん店"宝製麺所"で生醤油うどんに舌鼓を打ち、
せっかく氷上まで来たんだからもう一杯!と思いましたが、
友人が頼んだ かけうどん(大)が3玉分もある超ボリュームだったので、
ちょっとその辺りをうろうろして腹ごなし。
あっちこっち散策して3時間後に再び 宝製麺所 でこんどは ぶっかけを味わい、
(友人はぶったま) 大満足したところで、次はそばだな!ってことで出石を目指しました。


その道すがらで見つけた面白い"子供飛び出し注意人形"がこれ↓

e0041480_2254813.jpg


ほ、ほんこんさんだ!! (笑)
自分の地元や勤務先のまわりにも面白い飛び出し人形があるので、
これでblog作成しても面白いかもしれないねー、なんて言ったりして。

で、腹ごなしついでに遠回りして目的地出石へ行きましたが、
最初に行くつもりにしていたお店が閉まっていたので、
その近所にあった他の店に直感で入ってみました。
茂兵衛で食べた何年ぶりかの出石そばも大変美味しゅうございました。
でもまぁ、7時間弱の間に三食食べたわけで、6皿でダウンです。勿体無い。

明日は健康診断もあるというのに、ちょっと食べすぎてしまった感もありますが、
新職場のオープンに向けて、不安に思っていることを友人に聞いてもらって、
大分ラクになれたというか、スッキリしました。感謝感謝。

そうこうしてたら、iPodを買った友人 gunさんから iPod用品探しの依頼を受けたので、
帰りに大型(ってほどでもない)家電量販店で物色⇒購入して、
アパートまで帰ってきて、貴重な休み終了~。

そんで、今はまた音楽の力を借りて気持ちを落ち着かせています。
新しい職場は未知数。音楽の力も未知数。ニカさんの歌声も未知数。
はあぁぁぁぁぁ。リラックス。


e0041480_23141750.jpg二階堂和美のアルバム
二階堂和美 / ブルース・インターアクションズ
ISBN : B000FZDMHS
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-29 23:15 | オンガク聴きました
暑いよ暑いよ!
advantage Lucy / Echo Park

今日は新職場に行って、ちょろっとパソコン打ち。
あんまりいい天気だったので、一旦家に帰って洗濯してみました。
掃除もしたかったけど、友人から呼び出しがかかったのでそちらへ。
iPod nano を買ったようで、おかげで僕の物欲にも火がつきそうで怖い。
iPod 持っているけど、音楽を携帯できるモンが大好きで仕方がないのです(笑)
中古で iPod mini でも買ってみようかな。
でもどうせ買うならHDD型じゃなくてメモリ型が欲しいけど。

洗濯&洗濯もの干ししながら advantage Lucy 聴いてみましたが、
このアルバムは初夏のかおり(新緑のイメージ)なので、
自分の中で季節感がちょっとズレているけど、
まるで初夏のような天気だったので気分は最高。
でも、もうすぐ11月だというのに暑すぎやしませんか??


Echo Park
advantage Lucy / 3Dシステム
ISBN:B000AU1JLE
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-28 18:00 | オンガク聴きました
やっぱり2chはスゴイなぁ。
SWEET PEOPLE / SUMMER DREAM

25日のエントリで無い無いィィ!!と騒ぎまくっていた SWEET PEOPLE の "白夜"ですが、
2chのサンテレビ関係の過去ログを検索していたら、情報ありました!!
どのCD屋でも扱っている SWEET PEOPLE のCD、輸入盤のほうに収録されていました。
原題を"Nuits Blanches"というそうで、独polydorからのリリースだそうです。
いやぁ、嬉しいなぁ。これ、自分の退職祝い&就職祝いに買ってしまいます。
一緒に買うCDが ROVOの新作 と PARA のCDってのもスゴイかも(笑)

ちなみに、サンテレビの放送開始時の曲もかなり素晴らしく、
DEEPERSのボッサ系の曲が好きならハマるかもしれません。
もしかして、NARASAKIさんが知ったらSEで使ってくれそうな勢いでカッコいい。
このCDも国内盤もあるようなので、一緒に買ってみようかな。

興味がある方は、HMVの通販HPで試聴までできますので、
是非聴いてみてください。本気でカッコいいですよ。
14曲目でございます。

Summer Dream
Sweet People / Polydor
ISBN : B000008548
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-27 21:54 | オンガク聴きました
いよいよ明日はラストラン
Jesus Fever / Dozens of Great Views

7年半勤めた今の職場ですが、明日でいよいよラスト。
ぜんぜん経験がなく、不安いっぱいの中でしたが、
いい先輩・同僚に恵まれ、嫌なことも大変なことも乗り越えられました。
職場のみなさんには本当に感謝です。
来月からは新しい職場。どうなるか不安でいっぱいですが、
新しい気持ちで、また新しい一歩を踏み出します。

で、そんな自分へのプレゼント代わりに Jesus Fever
tr.1) phony boiled orange pod は、自分にとっての旅立ちの曲。
新しい気持ちで新しい職場に向かうために。

なんて言いながら、ただ聴きたいから聴いてます(笑)

e0041480_2325359.jpgDozens of Great Views
Jesus Fever / GREEN RECORDS
GREEN 005
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-26 23:26 | オンガク聴きました
誰かCD持っていませんか!!
関西(特に兵庫県)に住んでいて、まさか サンテレビ を知らない人なんて居ないでしょう。
僕もかなり小さい頃からお世話になっていたような記憶があります。
5~6歳の頃になにかロボット系のアニメを見ていた記憶がありますが、
あれは「ボルテスⅤ」だったのか、記憶が定かではないですが。
ってこんな話したら年がバレますがな。
で、そのあとに覚えているのが、数々の音楽番組。
「まんがビートルズ」(タイトル適当)とか、あとはやっぱり「ポップベティハウス」!!
この番組にはかなりお世話になりましたよ。
関西圏に住んでいる人たちが、洋楽の扉を開けたのはこの番組のおかげかと。
VJのクッキーさんのしゃべり方が面白くて。
特に番組最後の"VJクッキーでした。バイナ~ゥ"ってくだりは、
小学生の時から、高校に上がっても尚、そこいら中で使われてました。
それに、僕が バングルス や ストロベリー・スイッチブレイド を知って、
洋楽の扉を開いたのもこの番組のおかげです。
そのあとはやっぱり SONY MTV
フルサイズで洋楽のクリップを流してくれるし、
しかも余計な曲解説(ミュートマのマイケル〇岡みたいなの)がなくて、
しかもテレホンサービスで、その週に放送する曲と詳細な時間まで教えてくれて、
ビデオに録画するのに大変重宝したんですよねー。
ってか、ビデオを買ってもらった目的って、これのエアチェックだったんです。

で、本題はここから。
SONY MTV を最後まで見て、さーて明日も学校だしそろそろ寝るべぇ、
と思ってテレビを消そうとしたらば、放送終了のテロップが流れ出すと同時に、
何とも言えない切なさを持った、郷愁を呼び起こすような、
聴いているだけで涙がどどどどどと流れてきそうな、
そんな曲が まるでMSXで作ったかのような(笑)CGをバックに
流れてきたんです。その次の週に思わず録画しましたさ(笑)
それをさらにカセットに録音して、部屋で繰り返し聴いていましたさ(笑)(笑)
さらにさらに、高校でバス通学しながら、ウォークマンで聴いてましたさ(笑)(笑)(笑)
で、確か最近までそれが放送されていたと思うのですが、
この前たまたまサンテレビの放送終了時間にサンテレビをつけていたら、
あの印象深い映像と曲ではないものが放送されていたんです。
もう、ショックでした。あの曲がもう聴けないなんて。
で、今日wikipediaで調べてみたんです。そしたら詳しく載ってたんです。
(ホントに詳しく載ってますので、興味があるかたはwikiで調べてみてください!)
その曲は、"SWEET PEOPLE" の 『白夜』 という曲なんだそうです。
ま、そんなに好きな曲なのに、何で今まで調べんかったんじゃいって感じですが、
とにかく曲名が分かったんなら、通販で買ってみるべぇと思い、
早速各社調べてみたわけですが、、、、、。

いつも使っている"HMV" "TOWER" "AMAZON" 全て全滅。
一応 SWEET PEOPLE の音源は扱っているのですが、
どれにも『白夜』が収録されていないんです orz
もう、悲しくてやりきれないわ!! とか思いながら、
試聴が出来たので何曲か聴いてみると、
あれもこれもどこかで聴いたことがある曲ばっかりなんですね。
特に"思い出のフィジー"と言う曲は、就職した当時勤めていた支店で、
毎週日曜日は必ず22時まで残業しないといけなくて、
やっと仕事が終わって家路を急ぐ道すがら聴いていた
ラジオ関西のニュース番組が終わる時に流れる曲で、
この曲を聴くと、ああ、明日はやっと休みだわ~と
開放感に浸れた曲でもあったのです。もう癒しの曲。

まさかサンテレビでこんなに長文のエントリを書くとは思っていませんでしたが、
それだけ僕にとってサンテレビは大事な放送局だったし、
"SWEET PEOPLE" の『白夜』も大事な曲なんです。

どなたか、CDの情報プリーズ!!!


もちろんラジオ関西も今でも大好きですよ。
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-25 23:03 | ふと思いました
病んでるわけではありません。
COALTAR OF THE DEEPERS / GUILTY FOREST / FAULT

この曲をiPodに入れてから、聴く回数がどーんと増えました。
元々アナログからMDにコピーしていたのですが、
MDプレイヤーって読み込みに時間がかかるのが気になったり、
CDにも焼いてあるんだけど、今使っているCDプレイヤーが
3枚チェンジャーなんで、これまた読み込みにすっごい時間がかかって、
その時間が勿体無くて(どんだけいらちなんでしょう)。
その点iPodならすぐに曲が呼び出せるから、もう便利で便利で。

それにしても、この静寂と狂気みたいな曲が何故こんなに大好きなのか。
ポップさのかけらもない、後半ノイズの権化と化すこの7インチですが、
僕にとっては"精神解放の音楽"だったりするんです。
精神的に参っている時にこれを聴くと、ふっと気持ちが軽くなったりするんです。
2曲とも後半から一気に轟音の泉が湧き出すのですが、
そこを通過するかしないかの所まで来ると、気持ちが穏やかになるんです。
なんというか、雲間から差した光に気が付いたと思ったら、視界がまっしろって感じ。
先日のROVOの時も、ライブ中に一瞬ホワイトアウトしちゃうよう瞬間がありましたが、
ゆらゆら帝国にしてもROVOにしても、そこまで行くにはけっこう時間を要します。
それが、この"GUILTY FOREST / FAULT"だと、あっという間にそこまで行けるんです。

そろそろ新職場の仕事も多くなってきて、いっぱいいっぱいになりそうな感じ。
この曲にお世話になる日数も増えそうな予感がします。


e0041480_12515853.jpgGUILTY FOREST / FAULT
COALTAR OF THE DEEPERS / ZK RECORDS
ZIKS-7001
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-24 12:52 | オンガク聴きました
そうそう。
のだめカンタービレ、キャストにもだいぶん馴染んできて、
だんだん良くなってきました。ってか、今日はよく笑った!

のだめはもうバッチリですね。文句なし。飛び道具的なCGに頼らなくても
十分のだめが表現できてるように思います。
千秋もちょっと顔が濃い目、というか強面な気がしますが、
でもかなりしっくりくるようになりましたね。
セリフまわしが自然な感じで、千秋ってこんな感じっぽい。
あと、意外にも峰がすごく良い。テンポがすごく良くて、
最初瑛太さんのルックスに峰感(なんだそりゃ)が感じられなかったのが、
今日メインで登場してきて、ああ、これ峰だなぁって思えたのは演技が上手いからかな。
真澄ちゃんは、、、惜しいなぁ。おねぇ言葉はいいんだけど、
オカマ声じゃなくて男声で演じて欲しいなぁ。
って、自分の中で真澄ちゃんの声がそんな感じだからだけどw
SUPER BUTTER DOG の 池ちゃんがそのまま演じてくれれば、、、w
先生がたはやっぱり馴染めないのは変わらず。
だけど、ルックスを除けば竹中直人のシュトレーゼマンは完璧かもw
ま、わざとらしい片言の日本語は、ホントに日本人なんだから仕方ないとして。
今週のエピソードはものすごく大好きなところなのですが、
ものすごく話の再構築がよくできてたように思いますし、
笑わせるシーンは大変テンポが良かったので楽しめました。

来週はこれまた大好きな桜ちゃんのエピソード。
心配だった視聴率も初回18.2%だったようで一安心。
少しの間ですが、月曜夜9時は珍しく8チャンネルを見るでしょう。
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-23 23:44 | のだめ
ということで、行ってきました
ROVO"ニューアルバムCONDORリリース記念ツアー @心斎橋BIGCAT"

キツキツのスケジュールの中、またまた幌車男さんと行ってまいりました。
14:00出発で、心斎橋着が18:40。陸の孤島ってやだやだ。
それにしても、開演に間に合ってよかったねー、などといいながらロビーへ。
新作CD"CONDOR"を買おうと思ってましたが、通販でポイント貯め作戦に変更。
Tシャツも欲しいけど、オフィシャルの通販で買えばいいかぁ、
なんて思いながら眺めていたら、すでに廃盤の"Rock or Nothing"Tシャツがっ!!
もうこのTシャツ、好きで好きで仕方がないのですが、
今日の所持金を考えたら、とても買えたもんじゃなかったので我慢。
(今オフィシャル見たらHPでは売ってないじゃないか orz)
チケットに"ROVO and more"って記載してあったので、
オープニングアクトか、ゲストプレイヤーがいるのかねぇ、
なんて話をしていたら間もなく開演時間となったので会場内へ。

タバコのにおいにまじって、かすかにお香のような香りがします。
先日の"えん3"の時と違い、ほどよい込み具合でまったりしていたら客電が落ちました。
ステージの上には小柄な短髪の男のヒトが(GOMAさんという方だそうな)。
筒状の小さなアルプホルンと尺八を足して割ったような楽器を手にライブスタート。
この楽器"ディジュリドゥー"といい、オーストラリアのアボリジニの楽器だそうです。
"ぼうぅわ~ん"と腹に響く重低音を途切れなく発して、会場中がビリビリと震えます。
不思議なのは、息を吹き込みながら演奏しているはずなのに、
全く音が途切れることなく重低音が鳴り続けていること。
最初はエフェクターを使って工夫しているのかなぁと思ってましたが、
今調べてたら"循環呼吸"という方法で鳴らし続けているとのこと。すごいなぁ。
次第にMACを使ってテクノ的なバックトラックに重ねていき、
会場内がクラブのようになっていきました。
個人的にはこの重低音、というか低周波がかなり苦手な音で、
それが延々続くもんだから、ちょっとダウンしそうになりました。
っていうか、人間の声をサンプリングして加工したテクノって、
自分の中では大変好まない部類の音なのですが、
それに似ているGOMAさんの音楽、本当にゴメンナサイって感じでした。
たぶんエフェクトとかPAの関係もあるとは思いますけど。
生で聴いたなら、また印象が違うんでしょうね。

で、そのGOMAさんのパフォーマンスに加わる形で ROVO のメンバーが登場。
例の低周波が会場をビリビリさせる中、ハイハットを刻む音が重なり、
バイオリンが重なり、ギターが重なり、少しずつ ROVO の音が浸食していきます。
勝井さんが時々"VITAMIN!"のフレーズを弾くので、ちょっとわくわくしましたが、
結局"VITAMIN!"ではありませんでした。
さらにGOMAさんの不快な低周波がずーっと底辺で、だけどメインで鳴ってるので、
いきなりテンションは下がり気味になってしまいました、、、。
そしてGOMAさんが退場し、オリジナルROVOの演奏のはじまり。
イメージ的には、6本の波形がそれぞれのラインを描きながら、
左から右にずずーっと伸びていく感じで、
時折1本にまとまったり、また離れたりしながら演奏が続いていきます。
徐々にみんなの音が中心に集まってきて、大きなうねりを生じはじめ、
そのうち、気がついたらまるで竜巻のような大きなエネルギーの塊に変化しました。
そうなったらもうあとは ROVO の渦に巻き込まれるだけ。
あれ?これってどこかで見たことある光景だなぁと思いながらステージを見てたら、
まるでフラッシュバックするかのように難波HATCHのイメージが浮かんできました。
ああ、これって去年見た"ゆらゆら帝国"を見たときと同じ光景でした。
音楽的には全然違う二組ですが、面白いもんですねぇ音楽って。
次の曲は湧き水がじわじわ湧き出て、だんだん水溜りが大きくなっていく感じ。
バイオリンが主題のメロディを奏で、それがバンドを引っ張っていきます。
同じフレーズを繰り返し繰り返し。そして少しずつ少しずつテンポが速くなります。
なんだろうこの感覚は。ランナーズ・ハイ?まるでマラソンをしているかのよう。
ゆっくりとペースをあげていく中、もう頭ではなんにも考えていない感じ。
もうカラダが勝手に動き出して、勝手に走ってしまっている感じ。
微妙にバイオリンのフレーズが変わり始め、テンポもかなり上がってきたところで
もう水溜りから池になってしまった大量の水が、一気に決壊して
まるで滝のように流れ落ちていくかのようにブレイクが訪れます。
もうこのあたりになると記憶が飛んでいるところがあって、思い出せないですw
このあたりがこの日の個人的なぶっとびポイントでした。
だって、このあと気がついたらアンコールだったんだもん。記憶ないんだもん(笑
で、アンコールの曲はというと、今まで ROVO では聴いたことがないような
ダブっぽいリズムの曲でした。が、この曲の行き先も他の曲と同じ場所。
知らない間にものすごいグルーヴの渦巻きが会場の中をぐるぐるまわっており、
そこにいる人たちみんなを巻き込んで巨大なひとつの塊になっています。
簡単に言うとプレステのゲーム"塊魂"の超加速版って具合ですかね。
新曲ってことで、まだ音源化はされないと思いますが、
この曲が今後どう変化していくのか大変楽しみです。
それと、やっぱり ROVO はライブだよなぁってところ。
特にドラムの細かいニュアンスがよく伝わってくるからやめられません。
CDでは聴くことの出来ない周波を感じ取ることができますから。
人間の可聴域を超えたところで鳴っている音でも、
やっぱりあるのとないのでは聴こえ方が違うもんなんですねぇ。
あとシンバルの音。セイビアンでもジルジャンでもパイステでもない音。
クリスタルが割れたかのようなキラキラした繊細な音。
ライブが終わってステージ見てみたら、ボスフォラスのシンバルみたいでした。
この音すごい!こんな音がするシンバル欲しい!!
僕みたいなヘタレに買われてもシンバルがかわいそうなだけかもしれないけど、、、。

でもやっぱ欲しい!!!

で、ライブが終わってから幌車さんと食べ物屋を探して
四ツ橋駅から徒歩で北上しましたが、
結局いい店が見つからずに梅田まであるいてしまいましたw
でも、たまには電車に乗らずに歩くのもオツなもんでしたよ。
それも含めて、本当によい遠征でございました。

幌車さん、お疲れさん&ありがとさん。
あと、iPodのライン出力音量不足解消ありがとう!!
ずっと悩んでただけに、もう本当感謝しきれませーん。
まさかサウンドチェックをオフにするだけでよかったとは、、、。



ライブ本編で演った曲ってこれ↓だったんかな??

CONDOR
ROVO / ワンダーグラウンド・ミュージック
ISBN : B000HCPUCY
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-23 23:09 | ライブ行きました