文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧
ここで足踏み。
THE MAD CAPSULE MARKET'S / PARK

久しぶりに引っ張り出してみました。
んー。このジャストなリズムが気持ちいいよねー。
最近のマーケッツ(と略している人、挙手願います)もいいんだけど、
僕の好みは中期マーケッツですねぇ。
ゴリゴリパートの後に突然飛び出す無垢なメロディ。
たぶんゴリゴリ一直線だったら買ってないもんね。
"公園へあと少し"と"時ノ音"ココロに沁みたから買ったんだもんね。
あと、初回限定盤のみ収録曲が2曲ってぇのとw
ちなみにマーケッツに興味を持ったのは、"ジーザス・イズ・デッド"と、
同時期に読んでたフールズメイトの影響ですな。どうでもいいけど。
マーケッツのコピーバンド組んでライブしたのもいい想い出です。
あとで聴いてみて、リズムキープのできなさに落胆しまくったけど。
ちなみにバンド名は"DEATH TECHNO 2000"でした(笑)

知らない間にSONYに移籍していたようですが、それにしても
オフィシャルに載っていた4/1にUPされるメンバー3人からの発表ってなんだろう。
まさか、・・・・じゃないよねぇ。だとしたら非常にもったいない。
ちょっとマンネリ気味かなぁ、なんて思ったこともあったけど、
"W.O.R.L.D"で見せた新境地は、非常に気持ち良いし。
ってか、知らないところで 室姫深 がサポート参加してたんですね。
元のサヤに収まりました。って発表だったらいいなぁ。

PARK
THE MAD CAPSULE MARKETS / VICTOR ENTERTAINMENT
ISBN : B00005GWXB
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-31 19:45 | オンガク聴きました
僕のこだわり。
moonwalk / MARGINAL POLARITY

COWPERS の解散と共に消えてしまった moonwalk
ex COWPERS の小森さんがドラム担当のこのバンドは、
BP.の音楽性に触発されて、シューゲ+ハードコア+女の子Vo.編成で結成されました。
(って感じで紹介されていたような記憶がありますが、かなりおぼろげ。)
僕はどうしても、このような音に乗るボーカルには儚さを求めてしまいます。
線の細い、風に揺れて今にも消えそうな、それでいて透き通るような声。
そこにイチマキさんを求めてしまうダメな僕。
ボーカル、バンドウさんの声もかなりいい線までいっているのだけど、
声が低域にいけばいくほど芯のある声質になってしまう。
あと、歌が上手いってとこもこの場合はマイナス(個人的にですよ)。
ファルセット寸前のところは、かなり気持ちの良い儚さ(なんだそりゃ)なんだけど。
もしかしたら、ボーカルの定位をもっと後ろにもっていくとか、
ボーカルの音量をもう少し下げてやれば、印象はもっと良いのかもしれない。

音楽性のほうは、BP.ほどハチャメチャではなくて、構成のしっかりした、
シューゲ+ハードコアというよりは、エモ色のほうが強いような感じ。
このあたりは、いかにも北海道のバンドらしいなぁ。
曲自体はかなり好きなのですが、メロディラインにもう一工夫欲しいところ。

ってかね、結局僕はBP.の影を追いつづけているだけなんです。
新たなBP.の出現を待ちわびながら、日々暮らしているのです。
もっと正直に言うと、結局イチマキさんに復活してもらいたいのです。
picogrimで聴かせてくれたあの感じアゲイン!

MARGINAL POLARITY
moonwalk / SLOW RECORDS
ISBN : B00005K1EL
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-30 14:12
素直になりましょうよ。
COALTAR OF THE DEEPERS / FOREVER

これから仕事に出掛けますが、その前のひと和み。
長らく友人に貸していましたが返ってきたので、久しぶりに見ておりますが、
何回見ても映像のいじくり倒し具合に納得がいかないです。
収録曲は、どれも独立したビデオクリップとして成立するように制作されたようですが、
あまりにも安易なビジュアルエフェクトが多すぎて、すぐに腹いっぱいになっちゃう。
もっとストレートに、ライブをそのまんまパックしたほうがいいんじゃないだろうか。
DEEPERS初の映像作品ってこともあり、サービスしすぎたのか?
音はといいますと、ラインからの音がほとんどで、マイクから収音された音ほとんどカット。
いってみれば、過去の曲のリテイク一発録音集って感じかな。
ま、それはそれで悪くないのだけど、ライブ盤を期待していた人はがっかりかな。
何よりも残念だったのは、"SINKING SLOWLY"のフェードアウト。
個人的には 「一番いところでフェードアウトさすな!ゴルァ!!!」 って感じ。
あと、CDは別パッケージにして、1日分でも完全収録してくれたらよかったのに。
そういうバンドじゃないってことは分かっているけどねー。

それでも、リアレンジされた"GOOD MORNING"のイントロは気持ちいいし、
新しいメロディラインの"RECEIVE ASSIMILATION"は大歓迎です。
そしてなにより、VIDEO CLIPが収録されているのは嬉しかった!
SSTVで流されていた"AMETHYST long version"が入っていれば完璧だったけど。



e0041480_1625288.jpgFOREVER
COALTAR OF THE DEEPERS / music mine KNIR
ISBN : B0007OE1XQ
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-29 16:29 | DVD見ました
買うか、買わまいか。
去年買ったCDが、2作品リイシュー:メジャー発売になります。

SUEMITSU & THE SUEMITH / MAN HERE PLAYS MEAN PIANO

去年の頭にSSTVで見て、一目惚れしたピアノロックバンドの1stアルバム。
4月に ki/oon からデビューするそうです。このアルバムのリイシュータイトルで。
ボーナストラックとして、MOSH PIT ON DISNEY 参加曲2曲と、
tr.2) irony tr.3) arabesque の JAPANESE VERSION の計4曲。
で、お値段は約400円アップ。うーん。でも、日本語versionって必要か??!
いきなりマキシのカップリングボートラ級のお茶濁しやん。
正直、そりゃないよなー。新曲1曲もないんじゃなー。
でも、MOSH PIT ON DISNEY は確かCCCDだし、2タイトル買うのも面倒だし、
それを考えたらリイシューキューン盤買ってもいいかなぁ、とは思うけど。
いやいや、それにしたって、avex盤を持っているファンに失礼ではないのか。

ちなみにジャケットは、白から黒へ。

MAN HERE PLAYS MEAN PIANO
SUEMITSU & THE SUEMITH / Rhythm REPUBLIC
ISBN : B0007G8D1K




ARCHITECTURE IN HELSINKI / IN CASE WE DIE

AIHは、sakhalin TV 目当てで買ったオムニバスで一番光っていたもので、
まさかメジャーリリースになんかならないだろうと思って、
とりあえず入手しやすく、お買い得価格だった本国盤を購入しましたが、
V2 RECORDS から 日本デビューするようです。
こちらもボーナストラック(曲数とか不明)と、歌詞カード。
あんまり歌詞にこだわるほうではないけど、なんか、こう、、
ライナーとか歌詞カードとか欲しいので、買ってしまうかも。
あ、でも、AIHの場合は、日本盤リリースで、ライブで来日!とかあるかも。
もし生で見られるなら、そりゃ見てみたいよねぇ。
ってことで、来日が少しでも実現する方向にいくように、何の根拠もないですが、
とりあえず寄付をする感覚でこっちは買ってみよう。うん。

In Case We Die
Architecture in Helsinki / Bar/None
ISBN : B0007LPM78
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-28 20:20 | ふと思いました
おねむ。
Nathalie Loriers Trio / Silent Spring

ひさしぶりにうたた寝をしてしまいました。
このピアノトリオのCDを聴きながら、吉田戦車を読んでいたのですが(ミスマッチ)
知らない間に沈没していて、気がついたら0時まわってた。
なんで毎年〃春が近づいた辺りから、こうも眠たくなるのか。
寝ている時は気持ちいいけど、寝すぎて起きた後の気持ち悪さ。
これから二度寝しますけど、明日の朝起きられるでしょうか。

Nathalie Loriers は、良く行っているレコード屋の店長さんが教えてくれた
ベルギーのジャズピアニストです。
ハードドライヴィンな曲も、絹のような手触りの曲も
このCD1枚の中に詰まっています。どちらかというとハードなほうかな。
リズムを中心にどーんと攻めてくる曲が最高に気持ちいいです。
それに、なんと言ってもコード感がジャストフィット!
基本的にジャズで多用されているコードは大好きなんですけどね。

ジャズ初心者の僕に、いつも懇切丁寧に良盤を教えてくれる店長に感謝。
オリジナル曲で、透明感があり、時に激しく、時に優しく。
こんなアバウトな説明でバッチリCDを探してくれるスゴイ人。


e0041480_1371554.gifサイレント・スプリング
ナタリー・ロリエ・トリオ / Gats Production
ISBN : B000A0C7L0
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-28 01:38
今の流行りのロック。
STRAIGHTENER / Dear Deadman

"TITLE"以降の音源は、なんとなく自分には合わないっぽいなぁ、
と思ったので買わずにいましたが、先日iTMSで試聴してみたら、
1曲目"The Novemberist"の音の広がりが素晴らしかったので、
とりあえずそれを信じて買ってみました。

さらっと一聴してみた感想ですが、ちょっとキレイにまとめちゃったかなって感じ。
"LOST WORLD'S ANTHOLOGY"で見せた悲哀や荒々しさがすっかり潜んで、
全体的にハッピーな空気が漂っているような。
それはそれでいいのだけど、ちょっと落ち着き過ぎって感じは否めません。
モダンなロックンロールを鳴らしていたりもするけれど、
やや未消化な感じがしないでもないし。
前作の"KILLER TUNE"辺りから、そんな空気はありましたがね。

まだ聴きこんでいないから、印象も変わってくるかもしれないけど、
とりあえずはそんな感じかなぁ。

BEST TRACK はやっぱり tr.1) The Nobemberist
次点で tr.2) Melodic Strom ってとこですか。

Dear Deadman
STRAIGHTENER / TOSHIBA EMI
ISBN : B000E6G6MG
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-26 23:28 | オンガク聴きました
O君とわたくし。
大江千里 / OBYS SELECTION

僕とO君は、前の職場で同じ部署に配属になりました。
同じ高校の先輩ということもあり、なんとなく親近感のある人でしたが、
どうやらO君は、最初僕のことを"鬱陶しい奴だ"と思っていたようです。
O君の直感は、外れていませんが(笑)とある研修で2週間ほど寝食を共にすることになり、
それがきっかけでちょこちょこつるむようになりました。

彼は元々音楽について、"特にカテゴライズせず、自分の好きなものは何でも聴く"
タイプで、当時彼のCDラックには、、、、
岡村靖之,スチャダラパー,トム・ウェイツ,CoCo
フリッパーズ・ギター,詩人の血,宍戸留美,佐野元春
SION,村田和人,そして大江千里が並んでいました。
音楽ではあんまり仲良くなれないかなー、なんて思っていたのですが、
何人かで一緒に飲んでいた時に、音楽についての話になり、
音楽を聴くスタンスと、コード感の好みが似ているということが発覚し、
以降タワレコ買出しツアーをするようになりました。

このMDは、僕が「大江千里の"POWER"が大好きなんだけど、
"POWER"の12インチと、"1234"しか持ってない」と話したところ、
彼が、「それだけでは大江千里のよさは分からない、BEST作ってくる!」
と、1週間かけて作ってくれたもののvol.2です。
元々僕は音楽をメロディとアレンジを中心に直感で聴くタイプなのですが、
彼はそれに加えて、歌詞を非常に重視するタイプで、
音楽における歌詞の重要さを、この大江千里MDで教えてくれました。

「去りゆく青春」 より抜粋 作詞:大江千里

あのころきみはぼくより高かった
2cm早く日暮れに気がついた


この一節で僕は大江千里にがっつりハマってしまったのです。

それからも、僕とO君の腐れ縁は続いています。
お互いの音楽性をくさしたり、ほめたりしながらw


********************************


01) 帰郷
02) DO it
03) gloria
04) バンドをつくろう
05) COWBOY BLUES
06) これから
07) AVEC
08) 回転ちがいの夏休み
09) コンチェルト
10) プールサイド
11) ロマンス
12) 去りゆく青春
13) STELLA'S COUGH
14) コスモポリタン
15) 雪の別れ
16) 愛するということ

e0041480_23244293.jpgOBYS SELECTION #2
大江千里 / EPIC RECORDS
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-25 23:29 | オンガク聴きました
中学生らしい好み。
HILLBILLY BOPS / PUBLIC MENU

MUSIC TOMATOって、けっこう僕にとって重要な位置にいたようで、
HILLBILLY BOPS もミュートマ経由で知りました。
"真夜中をつっぱしれ"という超キャッチーな曲が連日流れていまして、
まるでパブロフ犬のように、いつのまにか好きになってたなぁ。

当時はまだCDプレイヤなぞ持っていなかったので、
当然レコードを買ったのですが、これまた大好きな12インチシングル形態でした。
それまで7インチシングル=45rpm、12インチ=33rpmだと思っていたので、
33rpmで再生してしまって、「なんじゃこりゃぁあああ!」と思ったのも懐かしいです。

このミニアルバムの"夢見る頃を過ぎても"と言う曲は、未だに僕の心にこびりついています。
VO.宮城さんの、ちょっと甘いけど、少ししゃがれた声(倍音成分かな)と、
J-ROCK王道とも言えそうなメロディラインが、あまりにも切なくて。
このミニアルバムリリース直後に宮城さんが急逝されたのも大きな要因かな。

それこそ大好きになったばっかりの突然の訃報に、言葉もありませんでした。
今みたいにネットであっという間に情報が伝わる時代ではありませんでしたが、
当時ローカル局で放送されていた彼らの番組でその悪い知らせは届きました。
毎週楽しみに(とは言っても、ラスト3週くらいしか見ていない)していたのに、
突然最終回でなんでやねん!!とか思ってたらそのニュースだったんだ。
全然リアルじゃなくて、今のはなんだったんだ??って感じでした。
人の命について、初めて深く考えた夜だったと思います。

そんな暗い話はさておき、なんで突然このレコードかといいますと、
なんでも、彼らのBEST ALBUM(何枚目だ?!)がめでたくリリースされたそうです。
でも、収録曲ほとんど一緒なんだよねー。昔のは廃盤なんかな。
あと、なにやらオフィシャルHPが立ち上がったそうな。
ちなみに管理人は、元メンバーの川上 剛氏(ex タイマーズ)の模様。
レコードデビュー20周年。なんだかヒルビリー周辺が、熱いようです。


e0041480_13175760.gifPUBLIC MENU
HILLBILLY BOPS / キティMME
ISBN : B00005FDQC
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-24 13:18 | オンガク聴きました
一服の清涼剤
MY CHORD / leap over the brook

昨日はオムニバスCD-Rを作ろうと思って、CD聴きながら選曲してたら
そのままコタツに埋まって繭作って眠ってしまっていました。
しかも座椅子(簡易型)の上で寝ていたもんだから、なんとまぁ目覚めの悪いこと。
寝る姿勢が良くないと、見る夢もよろしくないなぁ。嫌な夢でした。

MY CHORD のこのMCDは、所謂"EMO"に分類されると思いますが、
ジャケといい、曲から受ける印象といい、清々しさが全面に溢れています。
EMOの聖地、札幌のバンドなので、その周辺のバンドからの影響は多分に感じられますが、
この清涼感は MY CHORD の大きな特徴であると思います。
若干演奏に粗さはありますが、それも清々しさに一役買っているような。
特に大好きな tr.3) FOR THE LAST TIME の爽やかさは素晴らしいです。
あるライターさんが、"まるでプールを泳いでいるような"
といった表現を使ってレビューされていましたが、かなり納得できます。

変拍子を多用しているわけでもなく、構成が複雑でもなく、
本当にシンプルなEMOですが、大切な音源のうちのひとつです。

e0041480_11513345.jpgleap over the brook
MY CHORD / ZK
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-23 11:51 | オンガク聴きました
時はめぐる。
矢野顕子 / ひとつだけ the very best of AKIKO YANO

実は僕は、こんなに矢野顕子さんの歌が大好きなのに、
MIDI時代の音源はほとんど持っていなかったりします。
なぜかというと、MIDIのCDは高かったから。
いくらしたかは忘れたけど、確かSONY系のCDが¥2,800だったから、
確実にそれよりは高かったと思います。¥3,300かな。
さらに、インディ系のアーティストを中心に聴きだして、
メジャー系(特にFOR LIFE と MIDI)のCDの高さに辟易していましたよ。
聴きたかったらそれくらいの値段差は目をつぶれ!という声も聴こえてきそうですが。

そんなわけで、高校時代に一番好きだった"DAVID"が聴きたくても聴けなかったですが、
このBEST ALBUMがリリースされておかげで聴けるようになりました。
でも、このBESTの特筆すべき点は、新録が収録されていたことです。
たいていのアーティストの新録バージョンは、僕にとって
"オリジナルバージョンを超えられないお茶にごし"だったのですが、
矢野さんの"ひとつだけ"と"ラーメンたべたい"は、オリジナルver.よりも好き。
メロディラインがよりシンプルになってるのが大きいと思いますが、
余計な装飾音符をなくしたことで、さらにストレートに矢野メロディが入り込んできます。

MIDI時代のアルバムと言えば、JAPANのメンバーが参加している
"愛がなくちゃね。"が聴いてみたくて仕方ないです。
MIDI時代のBESTは持ってて、ちょろっと聴くことができますが、
それだけじゃ足りなくなってきました。もっと聴きたい!

ひとつだけ/the very best of akiko yano
矢野顕子 / ERJ
ISBN : B00005G4MB
[PR]
by ziks047catep | 2006-03-22 23:57 | オンガク聴きました