文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
一足早く
COALTAR OF THE DEEPERS / THE VISITORS FROM DEEPSPACE

明日からいよいよ新部署での勤務が始まります。
同じ建物内だし、仕事の内容もたいして変わらないのだけど、
今の部署とはまったく空気が違います。
ちょっと緊張気味。そして、ちょっと構えている自分がいます。
まぁ、7年間も異動なしだったので、すっかり今の部署の空気が
カラダにがっちり馴染んでいるし。時計見なくても腹時計で動けるくらい(笑)
なので、今回の異動はかなり自分にとってリセット的な意味合いもあるかも。

それに合わせて(別に合わせたわけではないけど)家電も新調。
iPodは前回のエントリのとおりですが、ほかに、、、

・冷蔵庫(中古だけど)
冷凍庫の調子が悪かったのと、作動音がかなり気になるので、
冷やかしついでにリサイクルショップに行ったら、
丁度いいサイズのに一目惚れ。傷ありで格安だったし。
・ガスコンロ(安物だけど)
今使っているのは一口コンロで、一気に料理できなかったので、
探していたところに、シンプルなデザインの薄いやつがあったので
思わず買ってしまいましたとさ。

リセットといえば、自分の音楽面でリセットのきっかけになったこのCD。
そういえば、今の職場に転職した前後もよくこれを聴いていました。
、、、ってか、しょっちゅう聴いてはいるのですが(笑)
自分にとって、あらゆる場面でDEEPERSVISITORSは役に立つ!
明日に備えて、ヘッドフォンでがっつり聴きます!!

e0041480_23541081.jpgTHE VISITORS FROM DEEPSPACE
COALTAR OF THE DEEPERS / VICTOR XEO INVITATION
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-28 23:55 | オンガク聴きました
結局こうなってしまいました。
e0041480_2349367.jpg


iPodキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
友人がiPod(60GB)を購入しまして、かなりの好条件でiPod(30GB)を譲ってくれました。
iくんには足を向けて眠れません(今のままだと足向けまくり(笑))
さっそく今夜から布団の向きを変えさせていただきます。

m:robeをはるかに上回る使い勝手の良さに感激。
やっぱり売れまくっているだけあるなぁ、と実感。
m:robeはかなり動作音がでかくて、ディスプレイをOFFにしないと
かなり気になるのと、曲のシークにすっごい時間がかかるのが難点でしたが、
iPodの動作の快適ですこと。それだけで乗り換えた価値があるってもんだ。

クイックホイールの操作感は確かにいいけど、
そのあたりはm:robeも負けてはいないと思いますが。
ま、車の中で使うとなれば、同じようなもんでしょう。
結局シャッフルメインで使うか、車が停まっている時に操作するのは、
結局どっちを使ったとしても同じかな。

とにかく、満足度はレッドゾーンかるーくオーバー。
リミッターぶっとびクラスの喜びです!

その喜びを表現するのにぴったりな音源はこれ↓

COALTAR OF THE DEEPERS / ROBOT EP

とにかく DEEPERSの曲でもとびきりハッピーな
tr.1) JOY RIDE を、ひたすらリピートで聴かせて頂いています。
♪あがーたーらにゅーかー はびすぃーぱーねすとぅみー♪
思わず頭上でハンドクラップしちゃいそうだよ!

ROBOT EP
COALTAR OF THE DEEPERS / music mine
ISBN : B00005HXGW
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-26 23:48 | ふと思いました
かみさまのいぢわる。
CONVEX LEVEL / PLAIN EP

うちの職場では、毎年この時期になると面接があるので、
毎年この時期になると、今年の面接は何時か、、、
と気にするようになるのですが、、、、。

あいたたー。今年はやっちゃったよ。
すごく久しぶりに CONVEX LEVEL が ライブをするというのに、
明日の面接とばっちりバッティングしちゃった。
無理をすれば行って行けないことはないんだけど、
会場が METRO なもんで、早い目に出たかったのにムリなのと、
来月にある異動に見事に引っかかっちゃったもんで、
その準備をしなくてはいけなくなって。 orz

いつから CONVEX LEVEL 見てないのかなー。
たぶん Jesus Fever 企画 "slower traffic" 以来だから、
おおかた3年も見てないことになるのかー。ぐはー。

考えてみたら、昔から CONVEX LEVEL のライブは
何かとかぶったり、急用ができていけなくなったり、と
寸前まで見に行くつもりでワクワクしてるのに、
行けなくなって意気消沈、、を繰り返してます。

GREEN RECORDS はどうなっちゃったのかな?
新曲の音源はリリースされないままだけど、どうなんかな?

そんなことを考えながら、手持ち音源聴いてます。
ちくしょー、見にいきたいよお!!

plain e.p.
Convex Level / Robin discs
ISBN : B00005G4PM
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-25 21:29 | オンガク聴きました
実家に帰ると発掘作業。
GRASS VALLEY / MOON VOICE

GRASS VALLEY はリアルタイムでは聴いてなくって、
当時 現ラルクのYUKIHIRO が GRASS VALLEY のドラマー、
上領 亘 氏 を尊敬していると公言していたので、思い切って買ってみたら
ジャケットのイメージと内容が合致していて、なおかつメロディが良く、
さらにドラムのフレーズが奇奇怪怪だったので、即ハマりでした。

ちなみに一番最初に買ったアルバムが、この"moon voice"で、
ちょっとボーカルに癖があり、ドラムの分離が良すぎて
若干打ち込みっぽく聴こえてしまう嫌いはありましたが、
それをかるーく超えられるドラムのフレーズがありました。
全7曲のほとんどの曲で、一般的な8ビートがほとんどありませんからねぇ。
一時期このアルバムの曲ばっかりコピーしていたこともありました。
完全再現なんて出来ませんでしたけどね。気持ちだけ。

それにしても、今聴いても思った以上にいいです。
ちょっと夢見がちな音楽ではあるけども。

e0041480_213628.jpgMOON VOICE
GRASS VALLEY / SME
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-24 21:06 | オンガク聴きました
正直なところ。
奥田民生 / FAILBOX

師匠の音楽にぐぐーっと惹かれるようになったのは、実はこのアルバムからです。
UNICORN時代、特に後期(ドラマーが脱退してから)は好んで聴いていましたが、
その後、ソロデビューとか、PUFFYのプロデュースとか、してた頃
あんまり民生師匠の曲が好きではなかったのです。
ビジュアル系崩れ~DEEPERSみたいな音圧がスゴイ音を好んでた時期でもあり、
民生師匠みたいなストレートなロックは敬遠していました。

ところが、友人Oくんの家でだらだら遊んでいた時に、このアルバムの1曲目
"カヌー"がOくん編集BEST MDから流れ出したのです。

もう一発ノックアウト。涙がおお~ん、と流れちゃうよ。。。
こんな曲もあったんだ。メロディも声も曲のトーンもなんて素晴らしいのだ!
で、アルバム借りて聴いてみたら、さらに"陽"という名曲がぁぁぁ。

そっからは、もう垣根が取れるのはあっと言う間でした。
その後、"股旅"がリリースされて、もう民生師匠は殿堂入り確定となりました。
そして、僕の音楽のボーダーも取れ、いよいよボーダーレス化のはじまり。

あと、キーが僕と師匠は同じようなところにあるのか、
カラオケで大変歌いやすいので、そういう面でもありがたーい。

FAILBOX
奥田民生 / SE
ISBN : B00000IR1G
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-22 21:43 | オンガク聴きました
これ、今でも大好きですねん。
JUDY AND MARY / J・A・M

たまたま"POWER OF LOVE"のクリップを見て一目惚れ系。
数あるJUDY AND MARYのアルバムの中で、一番聴いてるのはこれ。
大好きな曲が詰まりまくっているのも、これ。
パンク+ロリータギャル声の、あまりのハマり具合に、
当時、前の職場で担当してた機関紙のディスクレビューに、
超大プッシュ記事を載せてしまったのも今は昔です。
でも、まさかこんな大ブレイクになるとは思わなかったけど。

個人的には楽曲のこなれてきた後期よりも、勢い+キラキラの
1st~2ndがたまらなく好きです。今でも"POWER OF LOVE"が
起こすマジックの変わらなさには、正直おどろき。

そもそも、なんで突然JUDY AND MARYなのかと言うと、
先日友人が遊びに来た時に、部屋にあったYUKIのCDを見て、
絶対ありえへーん、お前がこんなん聴けるわけないやんけー、
絶対おまえのん違うやろー、等とのたまったので、
反論の意味もこめて、過去CD箱から救出してきた。って感じです。
もうー。僕のCD棚は偏ってはいるけど、ほとんどポップなのにー。

まぁ、ちなみにYUKIのCDは、ユカリヲ姐さんのだったりするけど、、、。
早く返さなくては。



J・A・M
JUDY AND MARY / ERJ
ISBN : B00005G4HL
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-21 20:53 | オンガク聴きました
掘り出し物を掘り出す。
Silver Fins / HOLLYWOOD

スカパー(当時はまだパーフェクTV)を買って、SSTVをチェックしだした頃、
邦楽系の番組で、これでもか!!という勢いでかかってたSILVER FINS
確か、ペンパルズと共にベルセルクのエンディングになってました。
その曲は"waiting so long"だったと思います。
かなりローファイなフレイバーに、かなり興味を持ったように覚えています。
でも、その当時は買うまでには至ってなかったのですが、
ふとしたきっかけで21世紀になってから耳にして、
猛烈に聴きたくなって探し回りましたが、またもや後の祭りコースでした。
オークションで探してみても、買うにはちょっと勇気のいるプレミア価格。
たぶん中古屋めぐりしてみたら見つかるんじゃないか、
という甘い考えの元、一応 2ndの"PIGMENT"は見つけたものの、
それ以降全くなしのつぶてでした。そりゃもう長いこと。

で、今日はたまたま別件で近くにブックオフとハードオフがあるとこに
夜勤明けの眠たい眼をこすりながら行くはめになったので、
ついでに何かサルベージしてこようとかるーい気持ちで入りまして、
とりあえず洋楽の棚からさらってみるべぇ、と両の眼をこらしていたところ、
背帯にでっかく、カタカナで"シルバー・フィンズ"の文字があああ!!
しかもオークション相場の約8割引き価格で!!!
見かけは冷静を装いながら、気持ちはフォーーーッ!!!でしたね(笑)
今聴いているのですが、これから実家に帰りながらさらに聴き込みます。

さて、残すは一番聴きたい"waiting so long"
早く見つけられるといいけどなー。


e0041480_15175314.jpgHOLLYWOOD
Silver Fins / VAP umbrella
ISBN : B00005H0CU
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-20 15:18
夜中ですが。
山本精一 / なぞなぞ

友達から鍋をするぞ~とお誘いを受けて、鍋つついて、2時過ぎに帰宅。
んで、明日の夜勤の夕食用に夜中のカレー作り。
煮込みながら昨日届いてた このCDを聴いてます。

いろんなところのレビューを読む限りでは、もっと奇妙奇天烈な
言葉が並んでいるのかなーと思ったけど、
結構ストレートに山本さんから出てきた言葉を綴った感じ。
音はギター1本弾き語り系。
一番近いのは羅針盤なのかな。歌が前面に出てるし。
で、羅針盤という括りがない分(なのか)、スカっとしてるなぁ。
お、とても面白いメロディがでてきた。ギターと歌メロのユニゾン。

んー、この作品、山本さんのソロ作品で一番好きかも。
ながーい付き合いができそうな、ステキなCD。

でも、中盤に近づくにつれて、歌詞のストレンジ度上がってきた!!
ぶははは。

なぞなぞ
山本精一 / MIDI CREATIVE / UMMO
ISBN : B0000E6YY2
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-19 03:24 | オンガク聴きました
ボクは大好きですよ。
t.A.T.u / 200KM/H IN THE WRONG LANE

ひさしぶりに面白いFLASHないかなぁ~、とウロウロしてたら、
かなーりヒット発見!おもしろーい (゚∀゚)
これなんですけどね ↓

e0041480_092578.gif






一回見てしまうと、以降ずーっとそうにしか聴こえなくなりますね。
「もすかう」も好きだけど、これはそれ以上に好きだなぁ。
もともと曲が大好きってこともあるけど、
ナスの着ぐるみを着たギコの、なんとまぁかわいらしいこと。
空耳的には「もすかう」のほうが面白いけどね。

さっきポスト見たら、ずっと欲しかったCDが届いていたのだけど、
それは聴きながら寝ようと思うので、また明日。

とりあえず今日は"茄子嫌だゴニャ♪"


200KM/H IN THE WRONG
t.A.T.u. / ユニバーサルインターナショナル
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-17 23:22 | オンガク聴きました
テレビゲーム世代ですけどね。
The Advantage / The Advantage

ふとしたきっかけで、マイルームにFAMILY COMPUTERがやってまいりました。

思えば僕が小学〇年生だったあの頃、マリオブラザーズの大ヒットにより、
僕のまわりにもファミコンブームが押し寄せてきました。
友人達が次々とファミコンの虜になっていく傍らで、
本体を買ってもらえない僕は、指をくわえてうらやましがったものです。
そりゃもう、僕だって欲しくて欲しくてたまりませんでしたが、
親と言う双璧の前には、なんともなりませんでしたよ。
友達の家に遊びに行っても、みんなが色々な技を駆使してクリアする中、
ぜーんぜん先に進めない僕は、だんだんとゲームへの興味を失っていきました。
実際自分でゲーム機を買ったのって、1年半前に買ったPS2が初めてだし。
結局プレステも、ほとんどDVDプレイヤーとして使ってて、
本来の役目を果たす場面は、友人達が来た時くらいかな。

そんなこんなで、リアルタイムではほとんど出来なかったファミコンですが、
いまこうやって遊んでみると、、、なんという楽しいもんなんでしょ!
マリオブラザーズの面白いけど、難しいこと!!!ハマっちゃう!!!
今ならもっと簡単にクリアできると思ってたけど、難しいですねー。
まるで映画のようなグラフィックの、今のゲームよりも、
こういう単純なゲームのほうが僕には合ってます。
単純な中にも奥が深くって、思わず時間を忘れてしまう。

ちゅーわけで、BGMにはファミコンMUSICをポストロックに近づけた
"The Advantage"を選んでみました。
しかし、何回聴いても"スーパーマリオ"の音楽はスゴイ。
フレーズが耳について離れません。

もしかしたら、どんなヒット曲よりもみんなの心に残っている曲なのかも。


The Advantage
The Advantage / 5 Rue Christine
ISBN : B0001LYFA4
[PR]
by ziks047catep | 2006-02-16 23:51 | オンガク聴きました