文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
飛び道具!?
GEISHA GIRLS / GEISHA"Remix"GIRLS

昨日は夜中にアップしようとカタカタやってて、さあ、アップしょー、
と思ってクリックしたらば"現在メンテ中です"の文字がー。
ってことで、昨日の分はめんどくさくなったので割愛しまーす。

さてさて、本題。

TVの企画から生まれた音楽はあまり聴かないほうなのですが、
これは別。もうどうしても無性に聴きたくなってしまう時があります。
今ではネタを全くやらなくなってしまった ダウンタウン のネタが聴ける
ってのもあるし、音楽界の秀才、奇才が集まってトラックを作り上げてて、
どうしてもまた聴いてみたくなる常用性みたいのんを感じてもいます。
これはシングルをRemixしてある 12インチシングル的位置付けですが、
後に発売になったフルアルバムの作家陣を見てみても
教授、TOWA TEI、ARTO LINDSAY、BOREDAMSなど、
ただのTV派生の企画盤とは思えない奥の深さが垣間見えます。
実際、僕が TOWA TEIの存在を知るきっかけになったの、この作品ですし。

トラックの素晴らしさもさることながら、ダウンタウンのネタも最高。
このマキシに収録されているのは、誘拐犯モノで内容もベタですが、
ダウンタウン独特の"間"と"テンポの良さ""言葉の選び方の凄さ"を知ることができます。
また、ラップものでも"関西弁の語呂のええとこ"をばっちり取り入れてて、
ぜーんぜん違和感を感じたりせず、素直に楽しめちゃったりします。

最近のお笑いブームを批判するつもりは毛頭ありませんが、
どうしても ダウンタウン 独特の間が染み付いているので、
なかなか笑うことが出来なかったりするんですよねぇ。
、、、、もちろん好きな若手も何組かいますけどね。

e0041480_20392731.jpgGEISHA“Remix”GIRLS
GEISHA GIRLS / FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
ISBN : B0000563X0
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-31 20:43 | オンガク聴きました
at star pine's cafe
v.a / チャイナさんに関係する音源いろいろ

今日は、吉祥寺はスターパインズカフェで、チャイナさんを偲ぶ会ですねー。
僕はもちろん行けませんので、こうしてアパートの片隅でCD聴いています。
スターパインズカフェには入ったことはないけど、
以前お世話になった方が近くに住んでおられ、前を通ったことはあります。
なんとなく店舗のイメージは残っているので、頭の中で参加しよ。。
モルツはないけど、かわりにウーロン茶でかんぱいしよう。

いまのところ、Jesus Fever と MSAYA を聴いたけど、
なんとなく映像が欲しくなって、先日買ったDVD"GALACTiKA vol.16"の
羅針盤の演奏を見ながら、キーボードカタカタやってます。
実は、羅針盤のライブをはじめて見たときの印象は、
ほとんどサイケな感じのフォークで、さして盛り上がらないし、
なんだかちょっと物足りないなー、って感じだったのですが、
その後、じわじわと自分の体に沁みわたっていき、
今や自分の中でJesus Fever や MSAYA 、cotd と並んで絶対な存在に。
ってか、このDVD見てたら、大好きになってから羅針盤のライブを
一回も見られなかったのが悔しくて仕方なくなってきた。むー。

いまごろ、吉祥寺某所では、先日のファンダンゴみたいに
いい感じになってるんだろうなー。
あっちこっちで話に花が咲いていることでしょう。

e0041480_22223469.gifGALACTiKA 16
V.A / dub
DBGL-1003
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-29 22:27 | オンガク聴きました
次こそはかならずや。
木村 和 / 何の変哲もないLOVE SONGS

はああああ。
26日~31日にかけて、KANさんがツアーで関西を回っています。
チケット争奪戦に敗れた僕ら(僕と友人O)は、悲しみに暮れながら
このアルバムを聴き倒しております。(Oくんは自宅で)
一杯やりながら聴きたいなー、と思いましたが、
なんだか精神衛生上あまりよろしくない飲み方なので、やめておきます。

ちなみに、ここに遊びに来てくれている chikazoさん は、
見事にチケットをゲットされていたようで、ライブに行かれるそうです。
うらやましーなー。いいなー。混ぜて欲しいなー。あうあう。

ちなみに、全会場ソールドアウトかとおもいきや、新潟だけ売れ残ってます!
なんてこったい。こんなプレミアムなライブのチケットが売れ残ってるなんて。
うらやましい。うらやましすぎる。どこでもドアが欲しいよ。

ま、どっちみち行けませんので、明日は仕事がんばります。
くっそー。次は絶対良番でチケット取ったる!!

e0041480_23401270.jpg何の変哲もないLOVE SONGS
木村 和(KAN) / KIEV RECORD
KLCD-0001
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-28 23:42 | オンガク聴きました
こーゆーのんが好きな自分もいる。
RICK ASTLEY / Greatest Hits

前にも書きましたが、僕の洋楽への入り口は BANANARAMA で、
そこから KYLIE MINOGUEEIGHTH WONDERBANGLES
そして、 RICK ASTLEY と、かなりベタなもんばっかり聴きすすんでいきました。
で、たまーにどうしても聴きたくなって、当時のCD引っ張り出して聴いたりします。
当時の僕は、すっかり STOCK/AITKEN/WATERMAN プロデュースにゾッコンでした。
STOCK/AITKEN/WATERMAN といえば、どんなアーティストをプロデュースしようが、
まるで判を押したように、アーティストの個性なんて考えもしないで
作った曲を次々と順番に割り振っているような印象が強いですが、(特に後期)
87年~88年くらいにリリースした曲は今でも聴ける曲が多いですね。

RICK ASTLEY は、スト/ケン/マン のそんな姿勢がイヤになって彼らと決別しましたが、
その後は本来彼が歌いたかった SOUL 寄りになっていき、
曲調もバラードが多くなり、踊れる曲ってのは少なくなってます。
このBESTを聴いても、前半はディスコチューン、後半はしっとりゾーン。
しかし、聴いていて楽しいのは、前半のスト/ケン/マン ゾーンです。
まぁ、インプリンティングされてしまっているからなんでしょうが。
まさに、三つ子の魂百までも。うむむ。

そんな RICK さんですが、昨年本国でアルバムをリリース。
日本盤も2/22にリリースされるようです。
オフィシャルで試聴してみたらば、かなりシックな大人アルバムな予感。
このBESTにも入っている"sleeping"みたいな、ちょっと踊れる感じを
期待しちゃったりしますが、ちょっと違うみたいですね。
それでも、彼の声は大好きなので、ちょっと買ってみようかなー。

それにしても、KYLIE MINOGUE はすんごいブレイクしましたし、
BANANARAMARICK もこうして復活したり、BANGLESもリユニオンしたり。
当時大好きだった人たちの復活って、なんだかうれしいです。


Greatest Hits
Rick Astley / Bmg
ISBN : B00006IU8D
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-27 23:54 | オンガク聴きました
リアルタイムで聴いてみたかったなぁ。
黒色エレジー / ESODERIC MANIA

現在 harpyOOIOO に参加されてる KYOKOさんが
vocal で参加されていた岡山のバンドです。
85年くらいから活動されていたようですが(未確認)
当時は普通にアイドルとか、ニューミュージック聴いてたので、
その存在を知ったのは就職してから。92年くらいだったかなー。
近所の中古ショップでレンタル落ちセールをしていて、
そこに トランスレコードのコンピ"TRANS CRAZE"が¥500で転がってて、
なんとなく面白そうだなー、と思って買ってみたら、トランスレコードにハマッたと。
で、その中でも特に耳を惹きつけられたのが、この"黒色エレジー"です。

低音ヴォイスとファルセットを使い分けた、巫女のようなKYOKOさんのvocalと、
そこに描かれている詞世界のマッチングが素晴らしく、
他ではまず聴くことのできない、唯一無二サウンドが詰め込まれています。
音的には、バンシーズとかに近いのかなー。そのへんはよく分からない。
でも、その周辺から影響は受けているんだろうなぁ。
ジャケが、これまたおどろおどろしくて、岡野玲子氏の"陰明師"に出てきそう。
ってか、陰明師の百鬼夜行のシーンとかに、ばっちり合いそう。

このあたりの時期に活動してたバンドの音源が最近リイシューされていますが、
期待して聞いてみたら、あららら、なんだかつまんないなぁ、
ってことがよくあるのですが、黒色エレジーはストライク。
たぶん中学の時に聴いていても好きになっていたんじゃないかと思います。
その頃、徐々に今の音楽性に接近しはじめていたので。



ESODERIC MANIA
黒色エレジー / SSE COMUNICATIONS
ISBN : B00005IHUG
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-26 22:55 | オンガク聴きました
こんばんみ。
怖(coa) / SMELL ME, SMELL MY GRAND FATHER

先日紹介した"RUINS"とよく比較される、姫路のバンドです。
普通に踊ってたら腰折られそうな変拍子に、デス声。
んで、なんといってもこのバンドは女の子2人組み。
もうね、ええええええええ!!でしたよ。
RUINSほどリズム感がしっかりしてはいないものの、
いやいや、十分ド変拍子です。踊れる踊れる。

現在活動休止中なんで見られませんが、いつか復活したら
こういう音に興味がある方には是非見ていただきたいです。
ステージでセッティングしている姿はまるで子猫のようなのに、
いったん演奏がはじまると、そこには虎がおりますた。
この豹変ぶりがたいそう素晴らしいです。
もちろん演奏自体も素晴らしいです。
音源では感じきれないパルスを受け取ることができます。

e0041480_2184162.jpgSMELL ME, SMELL MY GRAND FATHER
怖(coa) / Japan overseas
JO96-26
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-25 21:11 | オンガク聴きました
ほとんどオンガクを聴かなかった1日
実家のテレビが壊れたので、ネットで激安SHARP製28インチTVを購入。
で、届いたので設置してみました。
我が家のテレビは、何故だか代々親戚のお下がりばっかなので、
こうやって新品TVを買うなんて、かなり激レアなできごとです。
もちろんブラウン管、地デジなしです。
でも、普通にDVD見たりする分には十分きれいなので、満足。
特に、スペシャを録画したDVDは、アパートの液晶でみると
かなりブロックノイズが気になるのに、
ブラウン管だとあんまり気にならなくていい感じ。
でも、メインで見てたのは トリック2 なのでした。

*****************************

先日のチャイナさんを偲ぶ会のエントリで、タイトルを"泣いた"としましたが、
実際に涙が出たのはほんのちょっと。実際にはすずめの涙ほど。
終始和やかな雰囲気で、友人とチャイナさんの思い出(音)や、
オンガクについて異論、反論、オブジェクション したり。
いつもは車で帰らないといけないから飲まないけど、
めずらしく飲んでるもんだから、FANDANGOの方に「今日は飲みますねー(笑)」
と言われたり。チャイナさんが一番飲んでたのん聞いてみたら"モルツ"
だったので、いきおいモルツばっかり飲んでみたり(笑)

あとは、山本精一さんに突然話し掛けられて挙動不審になったり、
イアン(ex Pale Saints) にも話し掛けてもらって、日本語のうまさにびっくりしたり。
精一さんは、チャイナさんのドラムはもちろんだけど、
そのノイズミュージシャンとしてのセンスの素晴らしさを語ってくれました。
山本さんが演奏してたと思ってた音、実はチャイナさんの音なのでした。
イアンは、僕が住んでるところを説明したら、"あ、あのカニのおいしいところねー"
って、ええええ!知ってるんかいなー!!と二度びっくり。
もちろんチャイナさんの話はいっぱいしましたよー。
うっちーさんには酔ったいきおいで自分の気持ちをぶちまけてしまった(笑)
でも、いかにMSAYAが大好きなのかは伝わった(と思う)
のんさんとちゃんと話したのって、これがはじめてだったのかも。
かるくトークしようとおもってたけど、うっちーさん同様正直に自分の思いを伝えました。

ま、こうして偲ぶ会に参加してみたのですが、
やっぱりどっかにチャイナさんがいる気がするのには変わりなし。
あそこに集まったひとたちみんな同じ気持ちだったと思う。


結論: ライブハウスには、チャイナさんが住んでいます。
でも、大箱じゃなくて、キャパ300人未満のとこね(笑)
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-24 23:12 | ふと思いました
反芻。
v.a / m:robe の ランダム機能で流れてきた曲たち。

またまた友人Aさんの家に泊めていただいて、爆睡。
おかげさまで、偲ぶ会でのお酒も気持ちよく抜けました。

で、帰りの電車~自分の車の中では、ひたすらm:robe。
いまのところ、1077曲で4.2GB。
この中から、m:robeが勝手に選曲してくれる曲を
飛ばさずに聴いてみました。
自分が好きなアーティストのCDばかり詰め込んであるのだから、
基本的に嫌いな曲はないわけですが、気分で聴きたくないのありますよね?
だけど、絶対に飛ばさないで、m:robeに身を任せてみました。

いちばん"え??なにこの曲!?めっちゃかっこええやん!!"
だったのが SPANOVA で、全くハズレなし。
洋楽では、ギルバート・オサリバン かなー。
これ、まだ"ハロー・アゲイン"しか聴いてなかったので、
何曲かかかったけど、全てPOPS職人のいい仕事って感じ。
あと、奥田民生師匠の曲が電車で移動中にかかったのだけど、
これがまた、流れる車窓の風景によく馴染んでほっこりしました。
で、COCOBAT がなぜかしんみりした曲のあとに必ず現れて、
ちょっとしんみりした気持ちをすべて台無しにして去っていく(笑)
後期 MISSING PERSONS が絶妙のタイミングで現れて、
思わずカラダがノリノリになってしまう場面もしばしば。
聴きたいのに全然かからなかったのが、羅針盤Jesus Feversakhalin TV
何でかしつこいくらい何度も現れたのが、bloodthirsty butchers
Kylie MinogueRick AstleyLuminous Orange
特にbloodthirsty butchersLuminous Orangeは、
ランダム再生すると、毎回必ず複数回かかるから不思議です。

車で使うことを想定して買ったのですが、実際車で使ってみて、
タッチパネルの操作が難しくて、危ない運転になるからいただけない。
ランダムでこういう楽しみ方するなら特に問題はないですが。
で、またiPod欲しい熱があがったりなんかしちゃったりして。
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-23 22:13 | ふと思いました
泣いた。
e0041480_23473390.jpg



チャイナさんのこと、いっぱい話した。

いつもの友人達と話した。

イアンと話した。

うっちーさんと話した。

山本精一さんと話した。

のんさんと話した。


自分なりの喪の儀式。
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-22 23:47 | ふと思いました
夜勤しながらふと思う。
いよいよ明日はFANDANGOで「チャイナを偲ぶ飲み会」です。
いまだにチャイナさんがどっかの会場で演奏してるような気がしてますが、
明日はチャイナさんがもういないんだって事を一番リアルに感じてしまうんだろうな。
山本精一さんがDJをするそうですが、
って事は、なみだ溢れちゃうだろうな。


いつもより早い目に十三に着かなくてはいけないので、
明日は勤務が終わったら、速攻退勤、南下しなくては。
さすがに年のせいか、夜勤明けだと体が動かなくなってきた。
車での移動を減らして、鉄道を多めに使おうかな。
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-21 20:21 | ふと思いました