文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
音職人。
gaji / 9 p m a t g f m

Gaji がリリースしたアルバムを古い順から聴いていくと、
だんだん音がナチュラルに、ノンエフェクトの方向に向かって行くのが分かります。
ラストリリースとなったスタジオライブ盤"9pm at gfm"なんて、
そのライブ感というか、ナマナマしさを最大限まで引き出すために
2ch録音されているらしいですし。(確かそうだったと思います。)
音の分離は良くない代わりに、まるでその場にいるかのような臨場感。
緻密に計算されたマイキングが施され、この音像が実現されたんでしょう。
ドラムの音も確かにオフマイクで録音された音なんですけど、
だからこそ、ドラムというアコースティックな楽器が持つ表情を、
あますところなく録音できているのではないかと思います。
その代償として音のアタック感は失われているのですが、
gajiというバンドが持つうねりで、それは帳消しになっています。
エンジニアとしてのキミジマさんの手腕が存分に楽しめる録音です。

リリース当時、この録音方法に賛否両論だったわけですが、
手持ちのライブラリの中で、ダントツに好きなライブアルバムです。

gaji のオフィシャルがとうとう削除されてしまって、
なんだか寂しくて秋の夜長のGajiでございます。


e0041480_21235922.jpg9 p m a t g f m
gaji / inoxia
IXCD-0301
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-13 21:26 | オンガク聴きました