文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
というわけで、轟音に癒されようかと。
COALTAR OF THE DEEPERS / GUILTY FOREST

や、別に昨日の夜勤が大変で精神的にやられた、とかじゃなくて、
単純に聴きたくなったから聴いているのですけど。

しかし、ここに収められている2曲って、
メロディこそこの頃のDEEPERSらしい美しい旋律ですけども、
その後ろで鳴らされてるノイズぎりぎりのギターの音とか、
割れ割れの歪みまくりに加工された演奏とか、
今のリフ重視(?)のアレンジに比べると、
感情のおもむくままに演奏されていて、かなり耳に酷い。
もうぜーんぜんポップさの欠片もないわけですけど、
これも確かにDEEPERSの一面なわけで、
できたらもっと広くのリスナーに聴いていただきたいシングルです。
sideA) GUILTY FOREST の罪の意識に苛まれながら
力なく歩みゆく人間の深層心理世界を音で表したかのような曲の展開。
特にエンディング付近でのノイズのすさまじさは、
とんでもなくスゴい罪悪感に襲われてもがき苦しんでいるかのよう。
sideB) FAULT も、途中までは同じような展開を見せるのだけど、
エンディングの轟音部で雲間から差した救いの光のような奇跡のフレーズが、
まるで絶望のどん底にいる人間に救いの手を差し伸べているようで、
聴くたびになんでかスゴイ映画を見たあとのように、
ココロの中があつーくなって、思わず泣いてしまいそうになります。

ああ。もっかい聴こうっと。


e0041480_20225177.jpgGUILTY FOREST/FAULT
COALTAR OF THE DEEPERS / ZK RECORDS
ZIKS-7001
[PR]
by ziks047catep | 2006-10-12 20:23 | オンガク聴きました