文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
BP. 病再発。
BP. / ゴールデンBP.

再発ってか、慢性なんですけどねw
もしかしたら、常用性のあるおくすりに近かったりして。

いやいや。

他の誰にも真似が出来ない、この危ういバランスが素敵。
前からしつこく言ってますが、以前 DEEPERS が "GIANT" をカバーしましたが、
曲のラインはほぼ忠実になぞっているものの、曲の持つパワーは再現できず。
しかも DEEPERS のほうがカチっとまとまった演奏しているのもかかわらず、
かなり危うくて、録音もダーティな BP. にはるか及ばないんですね。
特にBP. のドラムなんてメタメタなんですけど、このタイム感がけっこう肝だったり。
たぶんドラム始めてそんなに間がないような印象なのですが、
そこからたたき出されるフレーズが結構印象深かったりして、
もしBP.の完コピをするならば、このタイム感もコピーしないと、
すっきりした印象の演奏になってしまって、違和感があるかも知れないです。
あと、ギターは遠慮なく ぎゅわわぃ~ん とノイズを垂れ流していただきたい。
えと、誰かBP.のコピー一緒に楽しみませんか?とひそかに募集w

この"ゴールデンBP."は、ZKからの初リリース "GIANT EP" に比べて
録音のクオリティはかなり上がっているのですが、
個人的には"GIANT EP" のノイズにまみれた音のほうが好みです。
ですが、このアルバムにもたくさんの名曲が収められています。
中でもダントツに大好きなのが tr.5) count という曲です。
6/8拍子のイントロで、物悲しくも優しいギターのフレーズにうっとりしたあと、
雲間から光がまばゆく差しているかのような美しいメロディを伴ったパートに。
この部分は左右に振られた2本のギターの絡みがまたなんとも言えない美しさ。
その後イントロと同じ展開を見せた後、ゴリゴリの極悪フレーズが現れます。
そのスピードを保ったまま、イントロの展開に戻っていきます。
たった約4分半の間に繰り広げられるサウンドスケープ。

BP.の音源は、いまやどれも入手困難な状態になっています。
以前、全ての音源をまとめて ZKBB から再リリースの噂もありましたが、
いつのまにか立ち消えになってしまいましたねー。
かなり多くのファンが再発を待ち望んでいると思うのですが。
もちろん僕もそんなファンのうちの1人です。


あ、そういえば COME OVER TO THE DEEPEND レコ発 の時に
DEEPERSが "Cereal" をほぼ完コピ状態で演奏してくれましたが、
あれは本当に忠実だったので、違和感は全く無かったですけど。
むしろこの曲をカバーして"NO THANK YOU"に入れて欲しかったりした。



GOLDEN BP
BP / ZK records
ISBN : B00005JZON
[PR]
by ziks047catep | 2006-08-29 20:38 | オンガク聴きました