文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夜勤前のdip祭り。
dip / UNDERWATER

dipのリリースが途絶え、ライブはあったものの"CRACKED"以来待てど暮らせど
新譜が出なかったうえ、ナガタさんが脱退したらしいというニュースも耳に入り、
もしかしてdipさんたらこのまま消えちゃうのかな、、、と寂しく思っていたところに、
ベースにヨシノトランス氏を迎えて、2003年にリリースされたこのアルバム。
ヨシノトランス氏独特のベースラインが気持ちの良い作品です。
ナガタさんのベースもヨシノ氏のベースも、低音域よりも中音域メインの音作りで、
割とプレイ自体も似通ったところに位置していると思いますが、
ヨシノ氏のほうがより大きな弧を描いているような感じがします。
ナガタさんのプレイは、もうちょっと直線的な部分が多いような気がします。

"TIME ACID NO CRY AIR" "WEEKENDER" と凄いボリュームのアルバムが
連発されたあとだけに、このアルバムの8曲というコンパクトなサイズには
ちょっと物足りなさを覚えましたが、(実際には"9souls"も同発だったけど)
10分を超えるような"baselines"疾走感ほとばしる"nowhere to go"など、
いま改めて聴いていると、曲数だけコンパクトで実際にはけっこうな盛りなんですよね。
作風は違うけれど、"dip/dip" と同じような 感じですねぇ。

個人的には東芝時代の音源に特別な思い入れがあったりするのですが、
dipの出している音には迷いがなく、いつのリリース物にも共通しているニオイがあります。
ほんの3年前の作品ですが、自分の耳が変わりつつあるからなのか、
こうやって聴いていると、なんていい曲がたくさん収録されているんだろう。
POPな曲もいいのですが、"herlem nocturne"のいかがわしさ最高!
なんでこのアルバムを長いこと放置していたんだろう、と反省しきりです。

underwater
dip / TRACTOR
ISBN : B00009PN2R
[PR]
by ziks047catep | 2006-05-17 11:48 | オンガク聴きました