文才皆無適当日記
deeptone.exblog.jp

無駄無駄人生
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
blog
検索
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
意識改革。
ウルフルズ / サンキュー・フォー・ザ・ミュージック

ごくごくまれですが、本当に滅多にありませんが、
それまでだいっっっっっきらいだったアーティストが、
ふとしたきっかけで好印象になり、大好きになってることがあります。
ウルフルズもまさにそれ。

彼らが大ブレイクした曲と言えば"ガッツだぜ"と"バンザイ"ですが、
当時は毎日有線が流れている環境下で働いていたので、
来る日も来る日も上記2曲が2時間おきに流れたりして、
ただでさえ歌詞が好きではなかったのに、
おかげさまで大嫌いランキング10本の指に入ってしまう、
"聴いていたら虫唾がはしる"系アーティストになってしまってました。

それが、ある日スペースシャワーから流れてきた"かわいいひと"
と言う曲の歌詞が耳に入ってきたのですが、
その歌詞の内容にがつーんとやられてしまったのです。
まさに、目からうろこ。
いかに自分がトータスの歌詞の字づらしか見てなかったか。
親孝行ソングは数あれど、"これからもバカやってくけど、
あたたかく見守ってやってくれよ"と、サラっと言えるなんて。
それからは、じわじわとウルフルズが好きになって、
さすがに初期の音源には手を出していませんが、
最近のCDは割りと買い揃えております。

まぁ、音は僕には珍しく、ソウルフルでストレートなロックですが。
普段"テンション系コードがっ""この轟音がっ""変拍子サイコー"
とか言ってるのにねぇ(笑)



サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
ウルフルズ / 東芝EMI
ISBN : B00005GM9F
[PR]
by ziks047catep | 2006-01-10 22:36 | オンガク聴きました